人生の棚卸しってこんな感じ?

| カテゴリー : ACTU

Share on LinkedIn

lacher prise confiance changement

こんにちは☆もう2月ですね、みなさまいかがお過ごしですか?

私は、年明けのスキーでの骨折から先週末スポーツ専門のお医者様にみていただきました。

 

始めにみていただいたお医者様では、「休養期間は1月いっぱいで大丈夫でしょう。」というお話だったのですが、

 

今回の診察ではまだ、活動再開できるにはもう少し時間がかかるとのことでした。

 

わたしも、2週間過ぎた頃から、体の感覚をかんじてみると、

「あと一週間で復帰する感じはしないけど、どうなんだろう???」

 

って感じていたのですが、今回お医者様から「まだですよ」って言われて、

やっぱり、体の感覚は正しかったんだな」って、かんじました。

 

今回のお医者様による今後の見通しでは、2月の半ばにCTスキャンで、骨の治癒を確認することになりました。

 

それで大丈夫ならば、2月半ばから段階的に復帰オーケーだそうです。

 

正直にいって、1月初めけがをした時点では、こんなに長くお休みをいただくことになるなんて、想像していませんでした。

 

皆さんにもヨガクラス楽しみにていただいていたのに

本当にごめんなさいね。

 

もうしばらく、クラス再開までお時間をくださいね。

天理の金曜日の夕方クラスも、そういうわけで、今月はキャンセルさせてくださいね。

また日程を新たに組みますね。

 

2月後半はバカンスが入るので、そのあと3月あたまからのクラス再開を目指していきますね!

 

また、ご購入いただいたチケットはもちろん、

このお休み期間の分有効期限を延長させていただきますので、

ご安心くださいね。

 

なんだか今回の休養期間、私にとっては「土台の見直し」っていうテーマをかんじます。

 

年末に、自分の中で、この数年間のひとつのサイクルが完結した、

そんな感覚を強く感じました。

 

骨盤って、まさに人間の土台でしょう、

 

土台をもう一度見直して、足場をしっかりしてから再出発、みたいな。

 

そういう人生の棚卸しみたいな作業って、

日常のダイナミックな生活の中では、なかなかできないのかもしれないです。

 

例えば、車をメンテナンスしたかったら、

 

まず車を止めてから、エンジンが冷えるのをまって、

ボンネットを開ける、みたいなかんじです。

 

立ち止まった事で、見えてくることがある、

 

見えてくるから具体的に変化を起こせるんですよね。

 

そんな機会をいただいた事に感謝☆

 

2016年、土台を見直して、新たな出発をきります。

3月にお会いできるのを楽しみにていますね!